zamlog

乳酸菌(にゅうさんきん)は、代謝により乳酸を生成する細菌類の非学術的な総称。ヨーグルト、乳酸菌飲料、漬け物など食品の発酵に寄与する。
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP ≫ CATEGORY ≫ MGゴッグ製作記(未完)
CATEGORY ≫ MGゴッグ製作記(未完)
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

MGゴッグ08

最近お金が無くて三ヶ月くらいレンタルビデオ店に行ってません
早くティガの続きが見たいよ・・・
でもバカバカしいから半額デーじゃないときは借りたくねぇ!
今月も行きませんでした
来月こそは行きたい

DSCN1151.jpg

というわけで黙ってゴッグちゃんの続きをやりましょう
エリ?を作るために波の軽量パテをモリモリ
ほんとプラ板云々はどこいっちゃったんでしょう
完成したときは相当な重量になりそうだけどゴッグだからなんともないだろう 多分

DSCN1156.jpg

ナイフでテキトーに削って

DSCN1157.jpg

180番でテキトーに整える
相変わらず左右対称とかはあんまり気にしてません
遠くから見て大体あってたらオッケイ!めんどくせぇもん
もっとエッジとか立てたいところですが
ここで止まると完成しないので後回しにして次に進みます
背中作りたいけどとりあえず胸をなんとかしよう
胸の下側→スラッシュハーケン→背中の順で
下半身はどうしようかな
最初はそのまんまでいいやと思ってたけどランドスピナーくらい作ってやろうか
スポンサーサイト

MGゴッグ07

Bクラからババァのグロースターキタ!やったぁ!
ってポリストーン完成品かよ!畜生!
でもまぁやっとこさランスロットのプラキット化が決定したらしく一安心
・・・エウレカのときのあのミョーな感じのプラじゃなきゃいいけど
シリーズ化してサザーランドやグロースターが出るのを祈るばかりです ナムナム

あぁそうそう ガウェインにはちょっぴりガッカリだぜ
まぁ出たら出たで「かっこいいじゃん!」って思うんだろうけどさー
ルル山にはブライでチマチマやっててほしかったな

gogg0701.jpg

ゴッグの胸が難航しております
ガイドのプラ板とかまったく用意しないで無造作にエポパテ盛ったんで
左右の形があわないあわない 
最初っから左右対称なんてある程度あきらめてやってはいるのですが
まったく違う形ってのも醜くて見てらんないでそれなりに気を使って

gogg0702.jpg

何回か盛り削りしてこんな感じに
こんなもんでいいかなぁ

gogg0703.jpg

サフ吹いた
うん

MGゴッグ06

最近ほっといてかわいそうだったので久々に弄り
gogg0601.jpg

頭のカバーというかなんというか
エポパテを適当に盛り付けて
まだぞんざいな形なのでまだまだ盛り削りします

gogg0602.jpg

胸も同様に
最初に言ってた「なるべくプラ板使うぞ!」は忘れてください

gogg0603.jpg


小十乃ボディが難航中 小さいよ 難しいよ

MGゴッグ05

とりあえずゴッグの腕がそれなりに形になりました
gogg0501.jpg

まだ突貫工事の直後で余分な部分を切ってなかったり
パテが荒削りのまんまだったりでかなり不恰好ですが

gogg0502.jpg

これが通常状態

gogg0503.jpg

伸ばした状態
大体間接二つ~二つ半くらい伸びます

gogg0504.jpg

構造はこんな感じ

心配だった保持力のほうですが
足りないことはないけどちょっと心もとない、といった感じです
むしろゴッグの元のBJのほうがゆるくなってて
OPの紅蓮弐式のようなポーズを取ろうとすると新造間接が重すぎて
垂れ下がってしまいます これはなんとかしなきゃなぁ

とりあえず今のままだと見栄えが悪すぎるんでなんとかせないけませんね
これからが一番大変なのよね

MGゴッグ04

昨日「明日で腕は決着がつきます!」とか言いましたが
終わりませんでした アハハ
仕方が無いのでバーザムでガマンしてください

gogg0401.jpg

しなびたポテトと戦うバーザムの図


これだけじゃ申し訳ないので一応作業中に撮った写真

gogg0402.jpg


昨日のモノに適当に切り出した紅蓮弐式で言うと銀のカバー部分をつけたもの
これが

gogg0403.jpg

こうなることによって腕が伸びるわけです
差し替えです 悪いかこの野郎 
本物の紅蓮弐式のほうは銀色カバーが肘関節からスライドすることによって
腕が伸びているようです 多分
でもスライドなんてうまくやれる自信無いのでこうなりました
伸ばしてる状態だと伸ばしてない状態に使うプラ棒が丸見えなのが欠点ですが
まぁいっか いいよね いいんだよ

んでこの銀色カバーの先っぽのほうに下腕との接続軸をつけるはずだったんですが
一枚目の写真を見てわかるように寸法間違えてそのスペースがなくなっちゃいました あちゃー
しかたいので今その辺の調整をしています
明日・・・には終わるかなぁ 多分 うん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。