zamlog

乳酸菌(にゅうさんきん)は、代謝により乳酸を生成する細菌類の非学術的な総称。ヨーグルト、乳酸菌飲料、漬け物など食品の発酵に寄与する。
2014年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2014年03月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年02月
ARCHIVE ≫ 2014年02月
      
≪ 前月 |  2014年02月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

武装神姫の最後の日に行ってきた日記

95799a909c3511e394e312cc6335db0c_8.jpg
我が家にめちゃくちゃ久しぶりに新しい神姫がやってきました
フブキ弐型ちゃんです

いや……発売当時は華麗にスルーしてたんだけどこれはいいね
特にゴツめの腕と脚がいい

main_busou.jpg
と、いうわけでご存知の方も多いでしょうが
22日土曜日に六本木のコナミスタイルで
武装神姫の特別販売会がありました

コナミスタイルに眠る在庫秘蔵商品が大放出されるこのイベント、
関係者のツイートなどから
「あ、これ武装神姫最後の公式イベントやな……」
感がハンパなかったため、こりゃ行くしかねえということになりました

キャプチャ
最初は
「ま、蔵出し品なんてたかが知れてるっしょ……
 どうせ3弾とかグラップラップとかビックバイパーとか定番の面子でしょ……」
と思ってたんですが直前に公式からアナウンスされたラインナップがヤバい
黒子白子両Mk-2にレーネアイネスといったアニメ組や
楽器組にルナーリアなど
「そんなん眠ってたの!?」というアイテムがわんさか
当初は葬式に参列するくらいのノリだった武装神姫勢でしたが
この段階で「当日は間違いなく戦争になる……」と戦慄したのでした

a5707c3a9b3011e39a6012aa0e6b9648_8.jpg

――2014年2月22日午前4時半――
そうだよ4時半だよ
始発だよ!
始発で行ったよ!

ワンフェスですら最近始発で行かないのに始発で出ちゃったよ
当日は他にもPS4発売、アイマスSSAライブなどイベントが盛りだくさんで
早朝ながらTwitterのタイムラインは高度な情報戦で混沌としておりました

六本木に到着すると
「すでにミッドタウン内に侵入してる奴らが」
「列形成が複数の場所でされてる」
「列に並んでるけどここが正しい場所なのかわからん」
など更に情報は混乱

僕自身も「ここで合ってんの……?」と不安になりながら
六本木のミッドタウン口シャッター前にできた列に並んでいたのですが……

BhBuZiRCUAAvS3N.png←イメージ図

並んでるうちにみるみる増えていく人
最初こそ「武装神姫の喪に服す人たちがこんなにも……」
と感慨深くもなったのですが、
だんだん「こんなに人集まって大丈夫なん……?」
という懸念が強くなってきます

そしていよいよシャッターが解放されミッドタウンに向かうのですが……
ずんずん歩いて行くと同規模の行列が!
何!?
と思ってると向かいの道からもやはり同規模の大名行列が向かってくる!
マジか?!
と思ってるとあれよあれよと言う間に合流
開店前の早朝のミッドタウン前に
異様としか思えない大行列ができたのでした

「間違いなく1000人はいる……」
誰もがそう思うなか、7時半頃にようやく整理券の配布が行われることに
「整理券はたくさん用意してるけど100人くらいしか買えないッス」
どう見ても1000人超いるなか言い放たれたスタッフからの言葉に
ドッと笑いが起きる
すでにほとんどの人間が「買えれば儲けもの」という心理に陥っていました

整理券配布が始まると前方から大きな拍手や寄声が聞こえてくる
どうやらいい番号を引いた人達を祝福して拍手が起こってるらしい
なんだこれ
なんかいい話っぽいけどカオスすぎるぞ!
なんだこれ!

そしていよいよ迫る順番
周りはダメかもしれないが俺は違うぜ
絶対にいい番号を引いてアイネスやらルナーリアを買ってやる!
そしていよいよ運命のドロー……!

BhCGRHXCEAAMEOa.jpg

アカンかった

BhCqBy6CQAA-ve7 (1)
イエーイ!ありがとう武装神姫!

というわけで個人競技では惨敗でしたが
その後お友達グループとダベりにいったら
なんか整理券20番台を引いてて血の気が引いた顔してた

ていうかほんとに「これ騒げないわ……」
っていう空気があった

ウカツに「やったー!20番台!」とか騒ぎ始めたら
ピストルを持ったならず者に襲い掛かられるのではないか
と警戒してしまうような空気が確実にあった

その後入念な作戦会議の果てに購入神姫を選定し
無事購入、その後適当なカフェで祝杯をあげているうちに
「なんかフブキ弐型があぶれたんだけどどうしようか」
「あ、じゃあ俺欲しいス」
と手をあげて棚ぼた式にゲットしたのが冒頭のフブキちゃんです
イエーイ

驚いたのがアルトレーネの在庫ですね
このときすでに整理券100番台の招集が始まっていたのですが
アルトレーネはまだ在庫がありました
アニメ効果もあってか
かなり速攻でなくなるのではないかと思っていたのですが
受注再生産もあってか意外なほど在庫があったようです

そんなこんなで戦いも終わりを告げるかというところで
「これ意外とまだ在庫持つんじゃね?」
説が浮上

グループ内で比較的和解番号の
180番台でワンチャン買い物できるのでは……
という流れになり、
ほかならぬ私めが購入に向かうことになりました

名称未設定 1←イメージ図

特別販売会購入の流れは以下の通り

1.整理券順にある程度のグループに分かれて招集される
2.整理券と交換で購入表を渡される
3.コナミ社内に連行される
4.コナミ社内でリアルタイムに在庫状況を見せられつつ購入表に記入
5.順番が回ってくれば購入表を渡して奥から神姫がやってくる
6.コナミスタイル店舗内で購入

静かなコナミ社内の会議室のような場所で4.をやらされるわけですが
待機中にもどんどん在庫がなくなっていきます
会議室内にはザッと20人ほどが集められているのですが
完売シールが新たに貼られるたびに呻き声やため息が漏れ……
「早くここから出てえ……」という気持ちが強くなってきます……

一人、また一人と完売していく神姫達
リストを眺めていると
「あぁ……また一人、最後の一人が旅立っていったのだな……」
と感慨深くなっていきます
マイファースト神姫である
ストラーフの最後の一人がお迎えされていったときには
何かこう、胸に来るものがありました
あぁ……武装神姫マジで終わるんやな……

BhDpvFpCEAAcRso.jpg

僕個人の最終的な戦果はこんな感じ
神姫最後の日にハウリンやアーンヴァルが
手にできるなんて感慨深いことこのうえないな……

買えなかった人がはるかに多いことを考えると
かなりの大勝利といえるのではないでしょうか

6739fcae9ba111e3a1220e5f4159120b_8.jpg

また飲む

そういうわけで
割りとかなり救いようもなく終了した武装神姫ですが
逆にこういう形でコンテンツの終了をしっかり見届けられたというのは
ある意味では幸せだったのではないでしょーか
正直もっと続けて欲しかったし
かといって末期のほう買ってたかというとあんまり買ってなかったし
というか正直最後のほうの売り方はちと思うところもありましたし
といった感じで完全に幸せな終わり方ではなかったところもありますが
まあそれはそれとしてこうして葬式が迎えられたというのは
本当にラッキーなことだと思います

あとはまあコナミからの展開はおしまいかもしれないけど
現状アニメを出展としてウェーブやキューズQから商品展開してますからね
もしかしてもしかするとなんらかの形で復活もありえる……かも……
なんて期待してしまうところあったりして

まあそんなわけで微かに今後にも希望を抱きつつ
武装神姫さようならと言おう
今までありがとうございました

ウチでお迎えしてる子達は大事にします


スポンサーサイト
神姫 | Comments(-) | Trackbacks(0)

タイバニRISINGめっちゃ良かった日記

1385031089547.jpg
飲むヨーグルトレビュー、一回やったら満足したのでやめます


キャプチャ
そんなことよりよーやくお仕事が一段落したんで
タイバニ見てきたんですよタイバニ
でねーこれがもうすごい良かった
正直ちょっと不安だったところもあったんだけどまったくの杞憂だった
すごい作品に仕上がっておりましたので
以下ほぼネタバレ抜きで感想残しと宣伝します

c.jpg
そもそもタイバニって割りと上がり下がり激しかったんですよね
「なんかアメコミっぽい雰囲気のアニメはじまったなー」
「なんか割と面白いなー」
って感じで最初はワクワクしながら見てたんだけど
ジェイクあたりから「ん?」って感じになってきて
2クール目からは「う~~~~~~~~~~ん???」
って感じになっちゃって
しかも完結しないで終わっちゃって
「なーんでこんな着地の仕方しちゃったんだろ……?」
ってところが少なからずあったんですよね

それをいい意味で裏切ってくれたのが前作の『BEGINNING』で、
これは総集編にものすごい新作映像入れて新作にしちゃった系の作品で、
確かに総集編なんだけど
実はTVアニメでいうと3話くらいまでしか使ってなくて
かつ総集編部分にいちいち新作映像を挟んでくれてて
「実はアニメで言わなかったんだけどこんなことがあったんだよ
」的な肉付けがすごいされてて
それでいて後半の新作部分も
「最初のころの楽しかったタイバニ」をやってくれてて
すごいいい映画だったんですよね
宣伝では割りと「総集編でーす!」みたいな感じだったので
見てない人も多いんじゃないかと思うんですけど

なんにせよ『BEGINNING』って
「あータイバニってこんなんだったこんなんだった 
 この頃は面白かったんだよなー」
というのを思い出させてくれた作品だったんですね

キャプチャ2

『RISING』だよ
正直めっちゃ不安でしたね
だってせっかく『BEGINNING』で「面白かったころのタイバニ」見れたのに
『BEGINNING』ったらTVアニメの後の話っていうんだもん
正直どうでもいいんだよなーウロボロスとか
バニーちゃんが炒飯の作り方勉強してたとか笑ったけど半分引いたしなー
しかも新ヒーローとかどうなのよ?
でも『BEGINNING』面白かったからなあ

と期待2割不安8割くらいな感じでした
しかも公開延期したしな!
年が変わって2月も中旬、ようやく公開されて見に行ったわけですが……

キャプチャ3
もういきなりこれだけは
これだけはネタバレしちゃうんだけど
この映画、タイバニの完結編じゃないんだよ!
全然完結してない
ウロボロスのウの字も……出ることは出るけど本当に出るだけ
「まだウロボロスは滅びてはいないのだ!」
みたいなことを仄めかすことすらしない
ただ謎のヴィランが現れてヒーロー達がそれと戦う
それだけの作品なんです
そういう変に気負ってない話になってたのが大変良かった

全編通して描かれるのは
「能力が減衰した虎徹はどうするのか?」
とか
「新たなバディを得たバーナビーは?」
とか
「他のヒーロー達も含めたみんなの絆」
とか
「それぞれの正義とは?」
とかまぁ……そんな話です

そんだけで全編を渦巻いて来た陰謀の謎解きとかそういうことは全然しない
もう言っちゃえばこの映画はワイルドタイガーの復活劇でしかない
それでいて『BEGINNING』以上に
それぞれのヒーローに見せ場が用意されている……
それは新ヒーローのゴールデンライアンですら例外ではなく
見る前と見た後では
彼に対する評価がだいぶ違ってくるのではないでしょうか

もっと乱暴に言っちゃえば
「なんかドカーン!ってなって
 盛り上がってやったー!ヒーローって最高だぜ!」
って映画でしか無い
作品全体を俯瞰して作品に込められたメッセージを
読み取って深く考えさせられるような映画じゃなくて
「うおー!!俺もガンバルぞ!!!
 ヒーローって最高だ!!!やったー!」
ってだけです
それがすんごい良かった
見終わった後の感想は
もうとにかく「スカっとした!」としか言い様がないです

『BEGINNING』が「俺達の好きだったタイバニ」
だとしたら
『RISING』は「俺達が見たかったタイバニ」って感じです
本当に今まで付き合ってきたご褒美のような作品でした
これは本当に
「タイバニって最初は面白かったけどさぁ~~……」
って腐ってる人にこそ見て欲しい
見たらきっと作品自体に惚れ直すはずです

キャプチャ4
べた褒めしたので不満……というほどではないけど
若干「もうっ!」とか「うーん」って思った点をいくつか

まずイメチェンしたパオリンちゃんがあんまりかわいくなーい!
ボーイッシュになりすぎ!
かわいいことはかわいいんだけど前のほうが圧倒的にかわいかったな……
ジャンプスーツも着ないしね

後は最後の方の「復讐がどうの」みたいな応酬は
流石にちょっと食傷気味なネタでしたかね
もちろんバーナビー自体が復讐の戦士だし
避けて通れないネタではあるんだけど……
地獄のミサワの「復讐はスカッとする!」
がしっくり来すぎちゃってるからなー!
うん、スカっとするとね復讐

あとポッと出のNEXT達強すぎ!
ジジイとベインみたいなヤツはともかく
分身ネーチャンは……
なんでバーナビーとライアンはあんなに苦戦したの?
ちょっと納得いかないんですが
まードラゴンボール映画のゲスト敵キャラ補正みてーなもんってことかな

後は『TIGER & BUNNY』永遠の謎
「シュテルンビルト治安悪すぎね?」問題が相変わらず謎
犯罪が多いからヒーローが活躍する
それはわかる
でもヒーローが活躍してるのになんで犯罪が減らないわけ?
ヒーローはヒーローで治安がよくなっちゃったら食いっぱぐれちゃうワケで……
……マッチポンプなの?
っていう初期からの謎部分が相変わらずです
銀行強盗もネクストならともかく普通の人間ならやめとけよ!
どうせヒーローにやられちゃうんだから!
とかどうしても思ってしまいますね
まあこれは「突っ込んだら負け」って部分なのかしらん

キャプチャ5
と、まあ
感想になってるのかなってねーのかな
思ったこと垂れ流し記事でしたけど
まあ「めっちゃ満足した!」ってことが伝わればオッケー
後は読んだ人が
「じゃあ見に行くよ!うるせーな!」ってなればオケオケオッケーよ
ちなみに私は泣きました
帰り道に思い出し泣きして鼻水垂れました
本当にいいアニメ映画でした


雑記 | Comments(-) | Trackbacks(0)

01.コクを味わうのむヨーグルト

突然ですがこのブログは飲むヨーグルトレビューブログに変わりました。


IMG_8560.jpg
記念すべき飲むヨーグルトレビュー第一弾はファミリマートのPB商品、
「コクを味わうのむヨーグルト」です。
公式webサイト
パッケージはなんか固めのプラスチックで
「中身はこんなんだよ」
というイメージ写真があしらわれています

IMG_8561.jpg
メーカーは日本ルナ……
バニラヨーグルトとか出してるとこですね

エネルギーは217kcalなので大体マグロの寿司4カン分ということになります

IMG_8562.jpg
このテの容器はだいたい上にプラスチックのフタがつけられているのですが
この商品は薄いプラのフタがむき出しです
輸送中に破れたりしないのだろうか

IMG_8563.jpg

アビリティレベル(明治ブルガリアのむヨーグルトをオールレベル100として換算)
甘さアビリティ  :120
酸っぱさアビリティ:90
粘度アビリティ  :120
良さアビリティ  :140

酸味はほとんど無く、ねっとりと甘いタイプの飲むヨーグルトです
まあまあネバネバしていてストローで吸うのに少し力が入ります
ストローの刺し方と空気の入り方にもよりますが、やり方によっては
吸うたびに「ズッチョ……ズチュッ……ズッチョ……」と音が出て
なんだか妙な気分になります

パッケージに「まろやかでコクがある」とありますが
まあ大体そんな感じの味です

税別価格180円と、少し値段は高いですが
ブルガリアのむヨーグルトと比較するとまあそんなもんかなあという感じの味です
量もそこそこありますし
総合的にはなかなかおすすめの飲むヨーグルトです





Be11ALlCIAAtht1.jpg
そういえばすっかり更新するタイミングを失っていたのですが
ROBOT魂バーザムが届きました
めちゃくちゃかっこいいし遊べるのでオススメです
オススメしてももう買えないけどな!
買えなかった奴ら後悔しろ
ワハハ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。