zamlog

乳酸菌(にゅうさんきん)は、代謝により乳酸を生成する細菌類の非学術的な総称。ヨーグルト、乳酸菌飲料、漬け物など食品の発酵に寄与する。
2014年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年07月
ARCHIVE ≫ 2014年07月
      
≪ 前月 |  2014年07月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ワンフェス2014夏で池袋晶葉を売った日記

写真 2014-07-27 8 28 37
ひっさびさの模型関係の更新です
7月27日のワンダーフェスティバル2014[夏]にひっそり参加しておりました
いや諸事情で事前告知ぜんぜんできなかったんですよ……

ぜんぜん意識してなかったけどワンフェスにディーラー参加するのは2年ぶり!
今回はアイドルマスターシンデレラガールズより寵愛している池袋晶葉を出展しておりました。
完売こそしなかったものの3人で参加してたこともありめでたく黒字で終えられました。
ご購入いただいた方々、足を運んでくださった方々、ありがとうございます。
私はちょっと本業もありましたのでほとんど卓にいられなかったのですが……。
申し訳ねえ。

写真 2014-07-29 11 35 55
写真 2014-07-29 11 34 51
写真 2014-07-29 11 35 07
写真 2014-07-29 11 34 33

ダダーッと
意匠はムーンライトバニーのものをモチーフに選択しました。

BtkDsu9CIAAxkoP.jpg
ワンフェス終わってから並べてみてびっくりしたんですが
去年作ったバーザムとほぼ同じ大きさだった。あらま

写真 2014-07-07 0 09 55
今回、さすがにフルカラーレジンキットという形は難しかったものの、
肌色レジン単色キットという形を取ってみました。
作例も肌部分はちょっとクリアーオレンジやパールを吹き付けたくらいで成型色仕上げです。
つーか肌色レジンだと単純にめっちゃ塗装工程減って楽でした……。
次人間作るときもこうしよう……。

写真 2014-06-26 1 33 15
サフ吹き原型
白衣は3パーツで分割してあるのでSSP-HGなど使って合わせ目消していただけると……
メガネはちょうどいいものがなかったのでレクタングルパイプとプラパイプから作りました。
接着の際には瞬着を使うよりもトンボ鉛筆から発売されているマルチピット2を使用すると
何度も位置決めができてやりやすいかと思います。

写真 2014-04-26 19 00 13
今回首から下の本体部分は造形村ポリエステルパテで、
頭部や髪の毛、衣服などはセメダインの木部用エポキシパテを使っています。
木パテはソッコーで固まるのがとにかく楽ですね……サクサク削れるし
目止めしないと表面処理はできないけど。

その他、今回は山善の食器乾燥器やクレオスのポリッシャー、
ゴッドハンドの神ヤスなどに大変お世話になりました。
フィニッシャーズのラッカーパテをセメントSで溶いたものを塗って
山善の食器乾燥器につっこむと半日くらいでヤスれるので大変捗りました。

写真 2014-04-09 1 08 36
最初はニューイヤースタイルをモチーフに好き勝手に作っていたのですが
版元様より衣装やポーズは原作に忠実に……とのお話があったので
ここから泣く泣くノコ入れてガシガシ修正しました。ロボ作っちゃってたからさ……。
まぁ結果的にはムーンライトバニーで良かったかな?

ふだん「はー池袋晶葉めっちゃ好きすぎる」って言ってばっかりな人でしたけど
言ってばっかりで特になにも出力できていなかったことがちょっと悔しかったりしたんですけど
こうしてフィギュア製作という形でアウトプットできて本当によかったです。
反省点もたくさんあるけどまぁ最終的には満足かな。

写真 2014-07-29 11 43 09 (1)
というわけで晶葉ちゃんでした。
僅かながら在庫あるので次のワンフェスで再販できるかな……
と思わないでもないけどスケジュール的にちょっといろいろ厳しいので
次のディーラー参加は来年の夏ワンフェスかなあって気もします。んぐんぐ

最後に共同参加してくれたディーラー、そして複製環境貸してくれた工房のみんなと
販売許諾を降ろしてくださったバンダイナムコゲームス様に最大限の感謝を捧げます。
次は何つくろうかなー


スポンサーサイト

夏のイチャラブ課題図書『うぶうぶふうふ』を読もう

いま時代はイチャラブだと思うんですよ。
貧困・社会格差・環境破壊・外来種による動植物の生態圏の破壊・災害不安・XboxOneの日本展開の遅さ……
そういった生きづらいいまの世の中だからこそ最後に物を言うのは純粋な“愛”なのではないかと。
今日はそんなひたすらイッチャイッチャイッチャイッチャしてて
喉から砂糖がでてきそうな物語が好きなみなさんにオススメの漫画をご紹介します。

写真 2014-07-18 11 28 18
かがみふみを氏著の『うぶうぶふうふ』です。
月刊コミックハイ!にて短期連載されていた漫画らしいのですが
わたくし、そういった経緯など特に気にせず
電車のなかでなんとなく「イチャラブ」で検索してたら存在を知ったという運命的な出会いを果たして購入に至りました。
こちら、Kindle版も配信されているので
手軽に楽しむならそちらもアリかもしれません(僕はKindleで読んだ)

写真 2014-07-19 11 57 00
この漫画、子どもが生まれたばかりの夫婦のおはなしです。
といっても「新婚夫婦がいかにして子育てをしていくのか!?」
といった話ではなく、
「子どもも生まれて環境が落ち着いてきたしセックスレスだったのでまたヤリてぇ」
というのが話の根幹となっております。

写真 2014-07-18 11 09 06
といっても絵柄から想像できるとおり
ギシギシアンアンな作風ではなく終始ヒッジョーにホンワカした感じで話が進み
それでも求めるものは求めて発情しちゃってるぜみたいな感じなので
読んでて大変「アアアアアアアア!!!! アアアアアア!!!!!」ってなった大変すばらしいです。
僕は当初電車のなかで読もうと思っていたのですが、
あまりに内容が甘ったるすぎて1ページ読むごとにTwitterに逃避しなければやっていられなくなった挙句
「電車や会社で読むのは無理!!!家でゆっくり読む!!!!」となってしまいました
マジで電車で読むのは無理です。表情筋が限界です。

写真 2014-07-18 22 55 39
3話なんかサブタイトルこれですからね。

写真 2014-07-19 0 05 01
そうしたわけで常にイチャイチャラブラブなものを望んでやまない
インターネット愛の戦士のみなさんに大変おすすめの一冊です。

僕はあまりマンガとかに詳しくないのですが、どうもかがみふみを氏の作品は
どれもこんな感じらしく強く周りから薦められたので他の作品も今後チェックしていきたいと思います。



雑記 | Comments(-) | Trackbacks(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。