zamlog

乳酸菌(にゅうさんきん)は、代謝により乳酸を生成する細菌類の非学術的な総称。ヨーグルト、乳酸菌飲料、漬け物など食品の発酵に寄与する。
2005年03月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2006年12月
TOPスポンサー広告 ≫ あーかーいー マジあかいーTOP雑記 ≫ あーかーいー マジあかいー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

あーかーいー マジあかいー

1157732038975.jpg
↑どギガ9話を見終わった俺の心境
テンション上がりすぎて今4時だけど全然眠くねえ
いや最高でしたね
以下勝手な雑感
当然ネタバレ込みだぞ
ああと感情に任せて書きなぐってるから日本語おかしいかもしれないけど許せ



1299258705255.jpg
正直ここまでは予想してなかったというか
僕は今日の放送見たら背景真っ黒にして

1156552406097.jpg
この画像一枚だけ貼って数日放置してやろうとすら考えていた
だってもう絶対絶望的だと思ってたもん
そりゃ死んだけどさ
でも死に方としては最高だったよ
そして30分で俺が見たかったものをすべて見せてもらえた
正直もうまどか☆マギカに対して思い残すことはないわ

20110305-021256-643.jpg
まず今か今かと待ってたまどっちとの絡みだ
正直この二人はまったく干渉しないまま終わるかとも思ってたのでうれしい
杏子ちゃんは認めた相手には食べ物あげるんですよね
ああなんかもうね
ここのやりとりがすでにね
杏子おめぇ他人のためには魔法使わないんだろクソァ!
杏子ちゃんキャラ変わりすぎって言う人も多いけど
「変わった」というよりは「戻った」「思い出した」のかもね
純粋に父親のためを想って戦ってた頃のことを
だからさやかを殺そうとしたのも上条くん四肢切断しろや!
って言ってたのも思うところあって、というんじゃなくて
あの時点では本気でそう思ってたんだろう やさぐれてたから
で、SGの一件というショッキングな出来事があって
それで過去の自分と似ているさやかに自分語りとかしちゃってるうちに
すっかり毒気が抜けちゃったんだろうな
それでまた他人を救いたいと思ったと
そのへんは父親似なんだろうな
1299258091143.jpg
ほむほむとの仲違いのシーンも重要ですよね
まどかに語ってるみたいに決してベタベタ慣れ合ってるわけじゃないんですよ
いや普段からベタベタ慣れ合ってるんだよ!って言ってる俺が言ってもアレだけど!
あくまで利害の一致から、というわけで
1299259196304.jpg
ただそういう意味ではお互いある意味では信頼しきってるというか
こいつには頼っても大丈夫だろうみたいなところが多分あって
ほむほむも残酷な言い方をすれば駒、
ワル夜対策に杏子ちゃんは絶対必要なわけで
なんというか孤独なほむほむが友と呼べる存在は杏子ちゃんしかいなかったんじゃないですかね
マミ先輩はアレだしそもそも故人だし
さやかからも距離を置かれてるしまどっちもちょっとヒいてるし戦力にするわけにはいかないし
僕は放送終わった後勝手に劇場版龍騎のラストシーンを思い出してジーンとしてしまいました
「城戸…正直に言おう、俺には今まで友と呼べる者はいなかった
 作ろうとも思わなかったしな…だが今はお前が…唯一の友と呼べるかもしれない」
これね!
これ!
ほむほむが杏子ちゃんに抱いてる感情はこんな感じだったんじゃないかなあと
自分以外に頼りになるものがいないなかで
唯一頼りにしてもいい存在というか
だからこそ家にもあげたし(ミーティングという目的もあったわけだけど)
死のうとする杏子ちゃんを「杏子」と名前で呼んだ
これ
ベッタベタだけど鬼ブルブルきましたわ
ほむほむが「杏子」って呼ぶんだよ!?
杏子ちゃんが髪の毛解いて髪留めをほむほむにパスして…
杏子ちゃんも手の内を明かさないで達観してるほむほむが気に食わないながらも
頼りにしていいのは間違いないと思えてたんでしょう
だから形見というわけではないけど髪留めも預けた
なんだ?
まどか☆マギカでこんなベッタベタな展開アリなのか?
驚いたよ
胸が熱くなりすぎて死ぬ
ほむほむはもうなんでも達観しちゃってて
まどっち以外はどうでもよくて…
杏子ちゃんも多分単なる駒としか見てなかったと思うんですよ
それが最後に搾り出すような「杏子」と
知らず知らずのうちに精神的な支えにもなってたのかもしれない
まぁ単純に心強いものな 味方がいるわけだから
うん なんというかこう…うまく言葉にできないけど
すごくいい関係だと思う すばらしい
QBという人間目線では邪悪すぎるほど邪悪な存在がいるなかで
すっごく爽やかな関係だと思う すばらしいよ
ホントにちょっと今でも胸がキュンキュンしすぎて死ぬ
これでほむほむが最終局面で髪留め使ったらもうね もう うん

1299259230021.jpg
そんでさや杏派のおおかたの予想通り心中を選ぶ
たまらん
まったく持ってたまらん
最後にするアクションがかつて父もそうしていたであろう祈りというのがもう…もうね
直前に神様に恨み節を吐くところも合わせてクるものがある
なんというかなあ
こういう味方は多分に杏子贔屓なんだけど
4話から9話はかつて純粋だったけどやさぐれてしまった杏子ちゃんが再び純粋さを取り戻す話よねこれね…
これってそのまんまソウルジェムが濁って、キレイになる流れに似てるな
言うなれば杏子ちゃんの濁ったソウルジェムを浄化してくれたのがさやかなんだろう
だから濁ったさやかを戻してあげたかったのかなあ杏子ちゃんは

まあそんなわけで最高の30分だった
もうまどか☆マギカに求めてるものは個人的には無いです
なんというかもう…満足したわ
後はもうどうなってもいいというかもう何も恐くない
そもそもまままちゃんと見だしたきっかけが杏子ちゃんなんだよな
あのちょっとアウトローっぽい子がほむほむにデレたらしい
というわけでちょっと興味が湧いたわけだ
多分その話見なかったら3話だけ見てうひゃーで終わってたと思うもん
始まる前は完全ノータッチだったしな
3話はまあ…なんというか流行ってたのでね ミーハーだからさ俺
ネタとして抑えておこうとしか思ってなかったから
だから俺にとっては最初から杏子ちゃんの物語なんだよな
それがある意味最高の形でフィニッシュしたのでもう後がどうなるかというのはあんまり気にしてないです
そりゃまあ最後の最後で復活!赤青黄復活!とかベタベタなのをまったく期待してないわけでもないけどさ
まぁいいとこタイムベントで平和ーくらいじゃろ
救いのない終わり方かもしれないし
でもどれでもいいや
俺にとっては5~9話でほんとに素晴らしい話見せてもらえたからね
まあそういうわけで杏子ちゃんマジいい子という話でした
寝る前にまったく脳内で推敲しないで書きなぐった
みう4時半回ったので寝る
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。