zamlog

乳酸菌(にゅうさんきん)は、代謝により乳酸を生成する細菌類の非学術的な総称。ヨーグルト、乳酸菌飲料、漬け物など食品の発酵に寄与する。
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPスポンサー広告 ≫ トオル 02TOP各種製作記 ≫ トオル 02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

トオル 02

名称未設定 3のコピー
そういえばすっかり忘れてたけど
先週ぐらいにPORTAL2のCOOPクリアしました
ムシャさんありがとー
ストーリーは一応シングルモードの続きになってます
っつっても「本編で明かされなかった謎が明らかに!」
とかはないんですけどね
軽い後日譚とかちょっとしか伏線の消化くらいで
2のシングルはどっちかというとストーリー重視な感じでしたけど
COOPはストーリーはオマケでやはりゲーム性が重要というか
とにかく「二人でやる」というだけで
まだここまでゲーム性にふくらみが出るのか!と舌を巻きましたね
あと単純に「二人で解き方を考える」ってのもおもしろい
「あーなるほどねー!」とか「いやちょっと待って思いついた!」
とかそういう感じで非常に楽しい
これはお互い初プレイでやるのがベストでしょうね
二人で試行錯誤しながらやるのが楽しい
目印を表示したりダンスやハイタッチなどの
各種アクションも搭載されてて
VCナシでもコミュニケーション取れるのも楽しい
むしろこのゲームの場合
VCナシでジャンプやハイタッチで意思の疎通したほうが
ゲームでのロボ二人に感情移入できるかも?
ゲーム中もちょっと謎が解けるたびお互いジャンプしたり
コースをクリアしたら抱きしめあったり楽しかったです
GLaDOSのカメラの前でアクション取るとGLaDOSがイラついたり
総プレイ時間4,5時間で5つくらいのレベルに別れてるので
あんまり気張らなくてもサクッと出来ます
僕らも一日2時間くらいで3日くらいでクリアしたかな
とにかく単純に楽しいのでシングルしかやってない人は是非

つーかPORTALクソおもしろいので
1も含めてやってない人は是非是非
ゲームも斬新で楽しくて適度な難易度で難しいんだけど
繰り返しがんばれば絶対にクリアできる絶妙なバランスだし
ストーリーもキャラクターもものすごいイイ
洋ゲーでこれだけキュンキュンくるゲームって
あんまり無いんじゃないですかね
しかも出てくるキャラのほとんどが無機物っていう

もっとグッズとか出るといいんですけどねー
妹がタレットとコンパニオンキューブのガレキを積んでるので
奪い取ってやりたいところ
でもやっぱ一番欲しいのはWheatleyかなあ

コレ欲しいなあ!
ワンオフだろうけどさ

RIMG0001_20110830204352.jpg
オーディンが製作続行不能状態なので
…いやヤスリがけくらいはできるし
パーツ請求すればいいんだけどさ
まあとにかくそんな感じなので
原型作業に戻ります
とりあえず放置してたクツから
クツ作るの大嫌い!
ほんと難しいです
杏子ちゃんに続いて靴紐作らなくていいから楽だけど
最初はローファー作る気マンマンだったんですが
よく考えたらバット持ってるときって屋内なんですよね
あわてて上履きに変更
ガイドブック見たら上履きのデザインが
なじみあるつま先のあたりが
色分けされてる系のじゃなかったのでそのように
ガイドブック買ってよかった!

RIMG0002_20110830204353.jpg
バットもパテ盛り
一応バットについていろいろ調べて
長さや太さも
トオルの腕から計算して作ってみたりしてみたんですが
よく考えたら学校に置いてあるバットを
適当に使ってるはずなので
そのへん適当にというか大きめでもよかったかもですね

RIMG0003_20110830204354.jpgRIMG0004_20110830204354.jpgRIMG0005_20110830204355.jpg
髪の毛のウニ部分
横から見るとまっすぐ並んでるのが気になる
アニメだとどこから見ても大体同じシルエットなんですよね
もちろんそれは二次元ならではのウソで
実際はまあやわらかいものだからある程度は動くだろうけど
横から見てまっすぐ、というわけではないだろうし
なにより見た目にあまりおもしろいものでもないので
作り直すことに

RIMG0007_20110830205959.jpg
削り落としてー

RIMG0009_20110830205959.jpg
このまままっすぐなところに
パテを盛ってもすぐに剥がれて…
特にイイカンジに成型できた!という
絶妙なタイミングで剥がれるので
剥がれないように穴掘っておきます
ここに埋め込むことで剥がれを防ぐのです

RIMG0011_20110830210000.jpg
盛って

RIMG0012_20110830210000.jpg

切る
エポキシパテ切るときは
タミヤのデカールハサミが
フッ素コーティングされてて
パテがくっつかないので便利です

RIMG0013_20110830210001.jpg
偶然にもガイドブックの表情資料と
原型がほぼ同じ大きさだったので
毛の長さはここからアレする感じで

RIMG0014_20110830210001.jpg
適当に成型
んーなんかトサカみたいだな…
まだシルエットが太いこともあるんでしょうけど

RIMG0015_20110830210401.jpg
硬化してないパテに盛りたすときは
アルコール塗って溶かしながら盛ります

RIMG0016_20110830210402.jpg
微妙に反らせてみたり…むつかしい

RIMG0018_20110830210400.jpg
オーブントースターで強制硬化させてもいいのですが
ちょっと細さとかラインがアレなので
温めるて柔らかくなったときに自重で曲がりそうなので
とりあえず自然硬化

RIMG0019_20110830210402.jpg
ヒマなのでバット削ってましょ

RIMG0021_20110830210403.jpg
ガリガリ
こんなもんで

RIMG0022_20110830210404.jpg
30分くらいたってちょっと硬くなってきたので
更に弄る
んー
これ以上は削り出してなんとかしましょう…
パテはほとんどの部分は
エポレジンとグレードSの混合パテを使ってますが
髪の毛や尖ったものの先はグレードS単体で使ってます
硬いしコシがあって削り出したときにポキッと折れにくいので
うっかり落としちゃったときも意外と?大丈夫だったりします
ちょっと単価はお高いし
そのまま大きな部分にガッツリ盛ると
カチカチすぎて使いにくかったりもするけど
すごくキメも細かいので要所要所に使うと
カナリイイカンジに使える気がします
波の軽量やクレオスのエポパ、エポレジンのような
密度が低いサクサク系に少し混ぜると
コシがありつつも切削性が高くて
キメも細かいエポパテになるので
結構便利に使えます
昔は硬すぎて毛嫌いしてたんですけど
ここ2年くらいは手放せない感じですね
オススメです
スポンサーサイト
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。