zamlog

乳酸菌(にゅうさんきん)は、代謝により乳酸を生成する細菌類の非学術的な総称。ヨーグルト、乳酸菌飲料、漬け物など食品の発酵に寄与する。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ デクーカスタム 完成TOPプラモ ≫ デクーカスタム 完成

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

デクーカスタム 完成

RIMG0581.jpg
デクーカスタムチーム完成しました
そんなわけで脳内設定とともに公開
イメージとしては「お正月映画ダンボール戦機の中ボス」です
3人一組のLBXチームの二人でコイツらプラス親分という構成
映画はガンダムAGEかイナズマイレブンと同時上映で、
アニメと同じ30分構成だけどちょっと色々豪華な感じの映画

で、こいつらが冒頭でいきなりジョーカーMk2とハカイオーをブッ壊すわけね カマセ!
時系列はアキハバラキングダムの直前ってことにすれば
来週のナイトメアと絶斗登場に繋がるぞ!
ゲームやってないからもっと他に理由あるのかしれないけど
まあそんな感じのアレです





RIMG0589.jpg
デクー・スゴイ・カスタム
デクー・ソウテン(左)
デクー・シュテン(右)
イノベイター・イタリア支部LBXトップエースチーム「キワメ・ロード」に所属する青山と友永のLBX。
イタリア支部のLBXは現地のイタリアマフィア・LBXに対抗するため、
特別に厳選されたパーツや超高性能モーターを使用しており、
その性能はワンオフの特別仕様LBXに勝るとも劣らない。

イタリアマフィアとの抗争中、隊長のデクー・エースが中破してしまった為、
新たに機体を回してくれるよう日本支部に要請した「キワメ・ロード」であったが、
逆に「裏切り者の海道ジンを始末せよ」との指令を受け、帰国することとなる。


RIMG0614.jpg
「イノベイターのようなまとまった組織では、メンテナンスも自分たちがやるのでなく整備班がやるのでは?」
とふと思いついたのですが、その場合それぞれの機体に注意書き的なものが当然あるはずです。
しかし実在の戦闘機やMSのようにベタベタ注意書きを書くにはLBXは小さすぎますし、
なんとなくコーションマークを貼るのも「えー?」という感じになります
そこで今回は左肩にQRコードを貼ってみました。
メンテナンスの際にはこれをスキャンし、
特記事項に注意しつつメンテを行うわけです。
また、誰の機体かとわかりやすいように首元にはダイレクトに苗字を入れて見ました
これも見下ろしたとき見やすいんじゃねえかなという理由で首元にしたんですが
実際は頭で隠れてよく見えないという…
とはいえメンテのときはきっと頭外すだろうからまあ問題ねえよきっと

RIMG0591_20111016200750.jpg
デクー・ソウテン
冷静沈着かつ冷酷な男、青山の機体。
監視型をベースにセンサー機能を強化しており、高い命中率を誇る。
AMBライフルとミサイルランチャーで的確な狙撃と大胆な爆撃を行い、シュテンを援護する。


RIMG0592.jpg
巨大なランチャーはダイスバトル用ダイスを使用。
取り付けは大雑把にとりあえず取り付けてある、みたいな感じで適当な箱組を
あと左肩にディスクレドームを取り付けてます
AMBライフルは半ツヤグレーとつや消しブラックで塗り分けてるんですが
マスキングが面倒だった割には…うん

RIMG0597.jpg
AMBライフルは材質など、グレードの高いものを使ってはいるものの
基本的には監視型とほぼ同一の仕様である。
左肩の強化センサーユニットは、AMBライフルが狙撃体制を取ったときに同方向を向くようできており、
敵機やフィールド内の情報を的確に収集することにより、AMBライフルの命中率を劇的に向上させる。


RIMG0594.jpg
背中に装備されているランチャーはプロトエンペラーランチャー。
エンペラーM2に装備されたエンペラーランチャーの試作型である。
破壊力・装弾数は完成型を上回るものの、LBXが背負うにはギリギリの重量であり、
完成型では軽量化されたうえ手持ち装備となった。
ソウテンがイタリアマフィアとの抗争の中で集めた実戦データを用いてエンペラーランチャーは完成した。
ライフル同様、左肩のセンサーユニットと連動させることにより命中率を上げている。
破壊力は非常に高く、LBXに一撃で致命傷を与えることができるが反動も大きい。


RIMG0599.jpg
デクー・シュテン
血気盛んで荒っぽい男、友永のLBX。
各部のアーマーを取り外す、小型化するなどして軽量化を行なっている。
特別仕様の強化モーターと軽量化が合わさったことで、
ブロウラーフレームの豪力とストライダーフレームのスピードを併せ持っている。
友永のカスタムメイドウェポンを多く装備しているのも特徴で、
そのすべては近接武器。スピードを活かして敵LBXをズタズタにしてしまう。


RIMG0600.jpg
デクーと一緒に頂いたカスタムウェポンセットを有効に使おうとして作りました
ヘビィソードをメイン武器にし、右手のクローもウェポンセットのハンマーを流用してます
あと腰のサイドアーマーは段差でカットして小型化してる
最初はミニ四駆みたいに各部を肉抜きしようと思ってたんですが
キレーに仕上げられなさそうなのでやめた

RIMG0602.jpg
アイアン・クロー
壊れたパスタマシンの残骸を流用して友永が作り上げた武骨なクロー。
とにかく頑丈にできており、斬ったり刺したりというふうには使えないが、
そのパワーを活かして敵LBXの頭部や四肢を一息にもぎ取る豪快な戦法を得意としている。
また、その本領が発揮されるのは頑丈さを活かした防御時であり、
オーディーンのグングニルですら受け止めてみせた。


RIMG0605.jpg
ヘビィソードは一般的なものの内部にウルトラソニックモーターを内蔵しており、
超高速で振動することで強烈な切断力を得る。
その切れ味はカツオブシをまっぷたつにしてしまうほどである。
肩のデクー共通規格のユニットはスパイクユニットを選択しており、
これでタックルしつつヘビィソードで斬りつけるのがシュテンの必殺ファンクションである。


RIMG0608.jpg
足に装備された刃「ドス・ダガー」は日本製の丈夫な彫刻刀「チカラ・グリップ」の刃を流用したもので、
回し蹴りの要領で敵に刺しこむ。
強化モーターからもたらされるパワーにより、強化ダンボールもやすやす貫通してしまう。


RIMG0609.jpg
そんなわけで妄想全開で作ったデクー隊でした
こいつらは終盤、隊長に襲われるジン君の元に向かおうとするバンアミカズの前に現れて足止めしようとするも、
「俺達に任せて先に行けー!」と言われたバンのオーディーンには変形されて逃げられてしまい、
その後アミとカズのパンドラとフェンリルにやられてしまいます
そんな感じ
隊長の機体もなんとなく考えてあるんだけど作るかなあ ウーン
まあそのうち 
とりあえず明日からはまた原型製作に戻ります
スポンサーサイト
プラモ | Comments(-) | Trackbacks(0)
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。