zamlog

乳酸菌(にゅうさんきん)は、代謝により乳酸を生成する細菌類の非学術的な総称。ヨーグルト、乳酸菌飲料、漬け物など食品の発酵に寄与する。
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

お返事のみ

>自分はTwitterもブログもやっていないけど、あなたの事を結構尊敬していました。でも今回の事件でその気持ちは裏切られました。あなたがかなりの量のバーザムコラ画像を作っていたのは知っています。そして自分もそれを見て面白いと思ったことも事実です。ですが他人の苦心の結晶をあなたがどうこうして、注目を浴びるのは筋違いです。AGEは評判が悪いからやったんですか?「自分がやれば何でも面白くなる。皆分かってくれる」とでも思ったんですか?だとしたら思い上がりも甚だしいですね。自分はアニメも立体物も含めてAGEが好きです。なので尚更あなたが犯した罪を許すことが出来ません。今すぐTwitterもブログも止めてネットから消えて下さい。もうあなたの言う事もやる事も信用できません。

まずは今回の件であなた信用を裏切ってしまったことをお詫び致します。
私の浅はかな行動で大塚先生のお気持ちを害してしまっただけでなく、
周囲の皆様を失望させてしまい、私自身も後悔の気持ちでいっぱいです。
これにつきましては猛省するとともに今後あのような画像を短絡的に作ることは
一切しないと誓わせていただきます。
他人の褌で相撲をとるのではなく、自分自身の範囲で何か表現することができればと思っています。

また、あのような画像を作った動機ですがこれについては
「注目度が高いであろう画像だった」「画像自体が格好のいいものであった」という
理由以外にはなく、あなたの指摘するようなガンダムAGEに対する批判や私自身の自惚れのような気持ちはございません。
無論、ガンダムAGEが批判含め注目度が高いことは承知しておりますが、
私自身としましては100%満足し、すべての面が好きというわけではないものの
ガンダムAGEという作品にはとても期待していますし、毎週楽しみに視聴しております。
もちろん物語の中で「これはおかしいのではないか」「もっとこうすればいいのでは」と
思うことはございますが、ネット上で散見されるようなガンダムAGEに対し
極端に攻撃的な姿勢をとるような方々のような考えは持っておりませんし、
現状も不満は多少あるものの概ね楽しみ、また今後に期待している作品でもあります。
また、メカニックデザイン等に対しては非常に好みの部類であるといえ、
今回のAGE-2ダブルバレットのコラージュにしても
「こうしたほうがかっこいいのでは」といったような思い上がった考えはなく、
単純に「バーザムにしてみたい」
「バーザムにすることで興味がない人からもバーザムに対し興味が持ってもらえるのでは」
という考えから製作したものです。
決してガンダムAGEという作品に対してのアンチテーゼのような画像ではございませんので、
その点に関しては誤解なきよう受け止めてもらえればと思います。
ですが結果として今回のことでかえってバーザムに対し反感を買ってしまった面もありますし、
あなたのように「AGEに対しての嫌味か」と受け止められても仕方のない面もございます。
特に投稿時の文面はいわゆる改変コピペ的なものであったものの、
多分に挑発的な文章になってしまったように思います。
そういった点に関しても私の思慮が及ばず、全く浅はかであったとしか言いようがなく
反省している次第であります。申し訳ございませんでした。

Twitterとブログに関してですが、これに関しては
今のところ双方とも止めるつもりはございません。
これは正直なところを仰れば単純に私自身が
「やめたくない」という手前勝手な考えを持っている面も多分にあります。
ですが、それと同時に現在この時点でブログやTwitterのアカウントを消してしまう
ということは「逃げ」にしかならないと思っているからです。
こうした私自身が管理する場でなければ今回のように私自身を直接非難する場が無くなってしまいますし、
また何も言わず突然ネット上から姿を消すことは逃げ以外の何事でもないと思います。
極端な話ネット上から「barzam」という人物が消えた瞬間
新たなアカウントを取得してやり直してしまうことも可能なわけです。
それはとても卑怯なことであり責任の放棄でしかありません。
そうした考えから今のところはブログ、Twitter双方ともに続けていこうと考えています。
反省し続け、非難を受け続けつつ今までのように日常や模型製作について書き留めていければと思っています。
もちろん今までのような気持ちで見てもらうことは出来ないでしょう。
ですがそれも自業自得であります。
以上の理由から現在のところとしてはブログとTwitterを止めるつもりはございません。
不満に思われるかもしれませんが何卒ご了承願います。
また、止めるにしてもそれに至った経緯等説明し、時間を置いてから止めるという形にしたいと思っております。
「ある日突然何の説明もなしにいなくなってしまう」というのも無責任であると思えますので。

今回は貴重なご意見ありがとうございます。
重ね重ね申し訳ございませんでした。
スポンサーサイト
雑記 | Comments(-) | Trackbacks(0)
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。